退職代行をお願いするなら「専門業者」or「弁護士」のどっちがいい?

2020年12月14日

法律家による監修指導を受けている「退職代行の専門業者」に対して、弁護士がやる退職代行も増えています。

違法性について不安に思う人なら「やっぱり弁護士に任せたい」と考えるのが自然ではないでしょうか?

弁護士と専門業者の違いを知らないと、料金をムダにすることもありますよ。そればかりか、退職手続きまでに時間がかかってしまうかもしれません。

それぞれの仕事内容を知って、自分に合った業者を見つけましょう。

 

【この記事で解消できる疑問】

  • 専門業者と弁護士では、料金やサービス面でどんな違いがあるの?

 

「退職代行の専門業者」と「弁護士」の違い

退職代行は「専門業者」と「弁護士」で費用が10万円以上変わる

専門業者と弁護士では、そもそも退職コンセプト自体が違います。

専門業者は「とにかく早く退職したい人」のためのサービスであり、基本的に弁護士・司法書士は在籍していません。

一方で弁護士は「有利な条件で退職したい人」のための退職代行をしています。どうしても有給消化したい、給料未払い問題を解決したいという人のためのものですね。

これだけ聞くと弁護士に頼んだほうが良さそうですが、実は料金と対応スピードに大きな違いがあります。

 

違い①料金

最も大きな違いは料金です専門業者と弁護士では10~20万円も差が出ることがありますよ。

専門業者の場合は独自で料金を決められるのですが、弁護士は「最低10万円はもらってください」と日弁連(日本弁護士連合会)からお達しされていることが理由です。

 

料金比較

専門業者:3~5万円(オプション込みでも10万円以下)

弁護士:10~20万円(着手金10万円~+成功報酬+手数料やその他実費)

 

弁護士の場合、成功報酬やら手数料やらと追加費用が多数かかります。価格の高低こそあれど、料金体系はどの弁護士でも同じです。

貯金が心もとない状態で会社を辞める場合、この料金ではその後の生活がちょっと心配ですよね。

 

違い②対応スピード

即日退職したいなら弁護士ではなく退職代行へ

専門業者と弁護士では「どんなふうに退職できるのか」のコンセプトが違うため、対応スピードにも差があります。

専門業者なら、最短即日退職に対応している企業がほとんどです。早朝に相談・依頼を済ませておけば、当日中に会社から籍を抜けるというものですね。

一方の弁護士は、退職代行の手続き前にいろんな書類を交わさないといけません。依頼した時点で会社に行く必要がなくなるのは専門業者と同じですが、弁護士・勤務先の2者間で話し合いをしてもらうためには、まず正式に委任契約を結ばないといけないのです。

会社のことから解放されて少しゆっくりしたいなぁと思っても、弁護士に頼むとそうは行かないんですね。転職の予定にも支障が出ます。

こうした違いを知らないと「弁護士はきちんとやってくれたけど、時間がかかったせいで精神的にどっと疲れた」ということになりかねません。

 

優良サービスは法律家の監修を受けている

退職代行の専門業者も、実績のある会社は弁護士・司法書士にアドバイスをもらっています

スタッフのやりとりに法的な問題はないか、弁護士にしか許されていない交渉をやっていないか(非弁行為のチェック)等ですね。

法律家監修の業者なら、退職代行が原因で会社に迷惑をかけたり・トラブルになったりする心配はほぼありません。親身になって相談に乗ってくれる点も、弁護士とほぼ変わりません。

企業の実績と監修の有無をしっかり確認して業者選びをすれば、信頼感重視の人でも十分満足できますよ。

 

退職代行の専門業者」が向く人

弁護士への依頼ではなく「退職代行サービス」を利用したほうがいい人は?

とにかく早く辞めたい・会社と関わりたくないと思う人は、そうした問題を得意とする「退職代行の専門業者」を選びましょう。

弁護士と比べて大幅に安くなるので、しばらく再就職の予定がない人も安心ですよ。

 

「退職代行の専門業者」が向く人

  • 転職先が決まっている人
  • 研修期間中の退職など、気まずい状況の人
  • 会社と一刻も早く縁を切りたい人
  • 給与未払い等の問題がない人

 

「弁護士への依頼」が向く人

退職代行サービスではなく「弁護士」に依頼したほうがいい人は?

勤務先になんとしてでも要望を飲んでもらいたいなら、弁護士への依頼がおすすめです。

ただし、時間がかかることは覚悟しましょう。料金が高額になるので、ある程度貯金がある人・再就職の見込みがある人におすすめです。

 

「弁護士への依頼」が向く人

  • 有給をどうしても消化したい人
  • 給与未払い問題や立替金について解決したい人
  • 勤務先との間で大きなトラブルに発展している人

 

退職代行のまとめ

弁護士による退職代行が始まっていても、これまであった退職代行の専門業者が違法というわけではありません。

きちんとした業者は早々に法律家の意見を取り入れて、即日退職・スピード解決に対応してくれますよ。

「お金や契約について解決しておきたい問題がある」という場合を除けば、正規の退職代行専門サービスがおすすめできます。

このサイトを運営している人

こんにちは!
「退職代行は違法!?」運営者のミーアです。
元プログラマー・現ブロガー。IT会社を辞めて1年です。
月残業80時間に耐えかねていたころ、退職代行というサービスを知りました。
僕自身が「怪しいな?」「違法じゃないの?」と疑問に思って調べたことをまとめています。